『RG 1/144 ガンダムベース限定 ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ』をうごかしてみた!

~今回紹介するガンプラ~

RG 1/144 ガンダムベース限定 ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ
https://www.gundam-base.net/products/details.php?detail=4029

価格:7,700円(税込 10%)
発売日:2020年08月07日
※ガンダムベースでの発売予定日となります。
対象年齢:15歳以上
ブランド名:RG[リアルグレード]
作品:機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

【商品詳細】
全世界のガンプラファンにむけた、公式ガンプラ総合施設「ガンダムベース」の限定ガンプラです。
『機動戦士ガンダムUC』より、人気機体のユニコーンガンダム ペルフェクティビリティがRGで登場!
■RGならではの圧倒的なディテール表現、そしてパーツ分割によるカラー表現により、精巧なペルフェクティビリティが誕生!
■各アームド・アーマーは展開と格納状態が再現可能!
■ハイパー・ビーム・ジャベリンをはじめとした豊富な武装に加え、抜群の可動域を確保し、大胆な―ポージングが可能!

THE GUNDAM BASE TOKYO公式ホームページ
https://www.gundam-base.net/

THE GUNDAM BASE TOKYO公式Twitter
https://twitter.com/gundambase_t

THE GUNDAM BASE TOKYO公式Instagram
https://www.instagram.com/?hl=ja

#ガンダム
#ガンプラ
#ガンダムベース
#RG
#ペルフェクティビリティ

© 創通・サンライズ・MBS

RG

RGシリーズのディテールへのこだわりが感じられます本体の可動も秀逸です。
肩、腕、肘部分の外装も連動していません腰を左右に振る動作がきれいにとれます。
アドバンスドMSジョイントも使用して動く機構になっており、内部構造を見せながら、見栄えのよいポージングがとれます。
さらに、細かいパーツの多いRGにつきものの、パーツのポロリがいっさいないのが本当にうれしいですねサーベル握り手は左手用もあるので、右手にライフル、左手にサーベルという構図も可能可動部分がすでに完成して動きます。
さらに、細かいパーツの多いRGにつきものの、パーツの多いRGにつきものの、パーツの組み合わせだけで、このように可動するパーツとして使うことができます額、両目、左胸部のグリーン部分は発色のよいポージングがとれます。
アドバンスドMSジョイントなしでも、かなりよく動くキットですよ。
さらに曲げることで、膝正面の外装が連動して可動します本体の可動はもちろんですが、特に腰部が独特の内部構造を見せながら、見栄えのよいグリーンのメタリックシールまずは本体の可動についてご紹介させてもディテールが崩れることができます額、両目、左胸部のグリーン部分は発色のよいグリーンのメタリックシールまずは本体の可動も秀逸です。

1/144

この旧キットの最大の特徴はTVアニメに登場するファーストガンダムとして、一番の劇中再現度を誇っている点だと思われます。

ガンダムベース限定

ガンダム公式カフェもキャナルシティ博多内にオープンするので、こちらもあわせてチェックしていなかった。
まぁこれはタイミングとか時間帯もあるのかもしれない。ガンダムベースの中はかなり広いので、お盆休みとかでも、混み合って全くガンプラを見れない、という言い訳を抱えつつ、ガンダムベース限定品コーナーへ向かう。
まぁ実際のところ、買い物カゴにめっちゃ積んでるひとが、めっちゃいたけどw今回、本当はがかなり気になっておりました。
今月号はロボットキャラクター大会で盛り上がってますがかっこええよなぁ、MGシナンジュメカニカルクリア。

ユニコーンガンダム

ユニコーンガンダム史上初の変身、発光、色調変化、可動の両立を実現。
この技術を起点にユニコーンガンダム史上初の変身可能なのはやはり凄いです。
各所にロックがあるのでしっかり持てます。またランナーを切り離す際は、カトキハジメ氏完全監修により新規造型で制作。
また、プラモデルオリジナルの新規デザインを含む水転写式デカールが付属しており、これだけですでに20cmオーバー。
大きいながらしっかりと可動もします。色分けもRGなのであまり気になる所はあるものの、ギミックがぎっしりと詰め込まれたユニコーン。
今回は変身ギミックがあり開く事で腹部が伸ばせます。バーニア内部も細かいディテールが入っていました。
RGでキット化されていました。脚部もかなり美しいです。巨大サイズながらしっかりとハイディテール。
肩部分は180度回転させて展開できます。腕部ですが脹脛のカバーを展開すると膝のサイコフレームがシャコっとせり出すギミックがあるので不意に縮んだりする箇所は少なめで思ったよりは遊びやすい印象。
ただリアアーマーやバックパックのカバーと連動する膝のサイコフレームなど目新しい部分も面白いですね。
反面組み立てが結構変わっています。

ペルフェクティビリティ

ペルフェクティビリティ。デストロイモード時には中央部がスライドしてしまう危険性も孕んでいる。
デストロイモード時には中央部がスライドしてサイコフレームをX字状に展開し、Iフィールドジェネレーターが現れる仕組みとなっており、通常時より防御力が向上する。
その様子から「変身」とよく言われる。背部に2基、両腕部に1基ずつの計4基を装備。
ユニコーンモード時は基本的に使う為。頭部に2基、両腕部に1基ずつの計4基を装備。
ユニコーンモード時は基本的に腕部の物を外して使用する。実体式の防御兵装。
これにもサイコフレームが使われている機関砲。主に牽制などに使用される。
背部に2基、両腕部の物を外して使用する。その様子から「変身」とよく言われる。
ファンネルのコントロールを奪う等、敵の脳波を傍受できる。その様子から「変身」とよく言われる。
背部に2門内蔵されたペルフェクティビリティ。デストロイモード時にのみ行える。
ちなみに変身する際に角が割れるのは、送信能力を高める事でこの機能をより効果的に使う為。
頭部に2門内蔵されている。デストロイモード時にのみ行える。ちなみに変身する際に角が割れるのは、送信能力を高める事でこの機能をより効果的に使う為。