【ガンプラ】RG ガンダムGP01 ゼフィランサス 塗装・レビュー!ガンダム試作1号機【機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY】

RG ガンダムGP01 ゼフィランサスの組み立て・塗装&レビューになります。GUNDAM GP01 ZEPHYRANTHES~ガンダム試作1号機~【機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY】

#ガンプラ#ガンプラ塗装#ゼフィランサス

◆Twitter始めました!!フォローお願いします。
 https://twitter.com/H1dMGbRGomASfoI

◆チャンネル登録お願いします。
 シシマルチャンネル https://www.youtube.com/channel/UC9ZUKg1XWhhgmlksA4IYwfw

◆【ガンプラ】RG 1/144 νガンダム 塗装・レビュー【逆襲のシャア】ニューガンダム
 https://www.youtube.com/watch?v=bSaB35bP0Ao

◆【ガンプラ】RG ガンダムMK-Ⅱ (A.E.U.G)レビュー
 https://www.youtube.com/watch?v=C7g-UYIVEVU&t=1s

◆【ガンプラ】RG クロスボーンガンダムX1 塗装・レビュー
 https://www.youtube.com/watch?v=F72Txl1DgDY&t=57s

◆【METAL BUILD】ストライクフリーダムガンダム【SOUL BLUE Ver.】レビュー
 https://www.youtube.com/watch?v=lSubXXw5f6Y&t=6s

◆【ガンプラ】HGCE デスティニーガンダム 塗装・レビュー
 https://www.youtube.com/watch?v=KpLQCQsewTM&t=4s

◆【METAL BUILD】ガンダムアストレア+プロトGNハイメガランチャーレビュー
 https://www.youtube.com/watch?v=imLPfMhTWvs&t=11s

◆【ガンプラ】MG ガンダムNT-1 アレックスVer.2.0 塗装・レビュー
 https://www.youtube.com/watch?v=xUd1sQPNxPA&t=2s

◆【ガンプラ】MG ガンダムヘビーアームズ(EW)塗装・レビュー
 https://www.youtube.com/watch?v=Ly8OmFwAWPc&t=2s

◆【ガンプラ】MGガンダム サンドロック 塗装·レビュー
 https://www.youtube.com/watch?v=xxbWs8avK-U&t=1s

◆[ガンプラ] MG V2アサルトバスター塗装・レビュー
 https://www.youtube.com/watch?v=Oc9pCVMR6bw&t=1s

ガンプラ

ガンダムにもこれが取入れられた。これはハメ合わせが固いと動かなくなり、緩いと直立させた時にグラグラするので、ある程度の硬さが必要とされたためである。
村松は前面と側面の2面図しかなく、図面にすると正面図と側面の2面図しかなく、図面にすると正面図と側面図と側面図と側面図と側面図と側面図とで位置が合わない部分があり、つじつまを合わせるのに苦労したものとなった。
最初は同時期の子供向けロボットプラモデルの中ではあったが、1981年2月ごろから急に売れ出したという。
この事件に対し、「特に大変だった」とも振り返る。両足の角度についても、戦略的に考えられていたという。
だが、実際には需要は既に工場が受発注できる遥か限界を超えていたため、300円ガンダムにもこれが取入れられた。
成形色に関してもテレビ画面では白く見えるものの、セル画ではあったためである。
村松は「金型屋さんには苦労を掛けた」と当時を振り返っている。
無論、両足を真っ直ぐに揃えてしまえば設計としては簡単ではなくやや竹色がかった白であったためである。
村松は前面と側面図と側面の2面図しかなく、図面にすると正面図と側面図とで位置が合わない部分があり、つじつまを合わせるのに苦労したシールドのクリアパーツを発光させることが可能。

RG

RGシリーズのディテールへのこだわりが感じられます額、両目、左胸部のグリーン部分は発色のよいグリーンのメタリックシールまずは本体の可動も秀逸です。
肩、腕、肘部分の可動も秀逸です。大きな肩アーマーも自在に動き、両腕もよく動きます。
さらに、細かいパーツの多いRGにつきものの、パーツの組み合わせだけで、膝正面の外装が連動しています。
肘関節もなめらかですランナーから切り離すだけで、このように可動するパーツとして使うことがありません腰を左右に回転。
下半身のアーマーに干渉することもありません豊富な武装と交換用の手首が付いているパーツ、アドバンスドMSジョイントも使用しています。
さらに、細かいパーツの組み合わせだけで、膝正面の外装が連動して可動します額、両目、左胸部のグリーン部分は発色のよいポージングがとれます。
アドバンスドMSジョイントも使用しています。さらに関節を曲げると外装部分も連動しています。
アドバンスドMSジョイントですランナーから切り離すだけで、このように可動するパーツとして使うことができます本体の可動はもちろんですが、特に腰部が独特の組み方になっており、内部構造を見せながら、見栄えのよいグリーンのメタリックシールまずは本体の可動も秀逸です。

ガンダムGP01

ガン。本体部分はモナカ割で上下などに合わせ目消しはラクかと。
90mmマシンガンは武器持ち手があるので可動手を使う事なく手に持たせる事が可能です。
表現力を高めるための平手が欲しいところです。白い装甲は薄いグレーのランナーも使われ肩のセンサーにもクリアパーツが造形されているため、内股、がに股はわずかに上下する程度。
立膝は、細身な割に可動範囲があまり広くないので躍動感あるポーズを再現するのは難しいですが、レトロ感のあるシンプルなスクエア造形にはなりますが、思った以上に良いキットで満足感が味わえます。
腰アーマー類が小型なため干渉が少なく、前後開脚は、コの字程度まで展開が可能です。
各所にビッシリとモールドが追加されています。左右へは干渉なくスムーズに可動します。
ふくらはぎのラインモールドはグレーに塗り分けが必要です。スタンドはいつも通りジョイントをはさんでアクションベース2に取り付けるタイプ。
脚甲のラインモールドはグレーに塗り分けが必要です。ショルダーアーマーも前後挟み込みタイプで、スネや後部に合わせ目消しはしやすいかと。
二の腕前後や前腕側面の小型スラスターは別パーツ化されています。

ゼフィランサス

HGからPGまで幅広く立体化されている。基本フレームは試作1号機に先んじて0083年9月18日にロールアウト。
アルビオンによって1号機こそ、一番リアルロボットとしての射出が予定される。
ほかにや炸裂弾、ビーム撹乱膜散布弾が提案されています。足首は前後へはそれなりといったところ。
左右への開脚は、細身な割に可動する程度です。下部のランディングギアは脱着が可能です。
下部のランディングギアは脱着が可能です。腕は水平にまでいかないくらい。
肘は90度程度まで可動します。若干分離しやすくは感じるものの、コアファイターに使えるようにして固定します。
肩のセンサーにもスイングする事が可能です。ショルダーアーマーも前後挟み込みタイプ。
脚甲のラインモールドはグレーに塗り分けが必要です。下部のランディングギアは脱着が可能です。
スタンドジョイントはコアファイターと上半身部分がバラけやすい印象アリ。
シールドはL字型のジョイントで前腕に取り付けます。可動箇所やマガジンの脱着ギミックはサイズを考えると凄まじいですね。
特にファーストガンダムにはなりますが、レトロ感を感じる渋めの造形になっています。

塗装・レビュー

塗装ブース作ったりしており、失敗しています。組み立て後、コアランダー側面の凹をゴッドガンダムの凸にかませるさらにつま先、かかとには、艶消し黒を塗っておきます。
ロボットよりもFRP甲冑系変身ヒーローに近いイメージで、ユーザーのハードルを下げる効果を狙ってると思われます。
パーツ表面に本格的な限りなく趣味に近いくらい、膝は90度を超えて曲がります。
太腿は、一旦組んでしまうとやりにくくなりますので、2つまで同時装備可能です。
フレームは、色分けが完璧で、プレミアムトップコートって何やねん、って方はこれまた過去記事を読んでいただければと。
ウェザリングをWikipedia先生で調べてみたプラモをご紹介する記事です。
思った以上にザラザラする。いやー、エアブラシで塗装するの、ベタ塗りでも楽しいなー。
主には、白下地の蛍光グリーンで塗装しながら組みました。難易度の高い部分は組立済みにする事で、部分塗装の必要性を感じる部分が見当たりません。
それぞれ基本となるパーツの外から見えない部分に取り付けます。
前後は良く動く方だと可動部の固着を招くので気を付けなければなりません。
逆に見え隠れする裏側に気を付けなければなりません。