【ガンプラ】RG νガンダムをエアブラシを使わずに(成型色)無塗装仕上げ!リアルタッチマーカーでウェザリング!【機動戦士ガンダム 逆襲のシャア】RG 1/144 RX-93 ν GUNDAM

どうも「プラモのアトリエ」です。
このチャンネルでは主にガンプラの製作動画を投稿しています!!
動画がいいなと思ったらチャンネル登録とグッドボタン・コメントをよろしくお願いします。

Twitterもやってるので是非フォローしてください!
★プラモのアトリエのTwitter★
https://mobile.twitter.com/PuraAto_Channel

【動画の目次】
00:00 RG 1/144 νガンダムの仕上げ方法
00:53 スミ入れ(TAMIYA タミヤ スミ入れ塗料)
02:26 シール貼り&半光沢コート(GSIクレオス Mr.スーパークリアー半光沢)
03:06 ウォッシング(GSIクレオス ガンダムマーカー リアルタッチマーカー)
05:18 チッピング(TAMIYA タミヤカラー エナメル塗料)
05:46 ドライブラシ(TAMIYA タミヤカラー エナメル塗料)
07:10 全体の汚し表現(TAMIYA タミヤ ウェザリングマスター)
07:27 トップコート(GSIクレオス Mr.スーパースムースクリアー つや消し)
08:53 最終組み立て
09:29 完成動画

↓↓↓↓↓おすすめ動画はコチラ↓↓↓↓↓

ガンプラ】HGオリジン版ガンダムの成型色仕上げ!無塗装!汚し塗装!リアルタッチマーカーとウェザリングマスター!ウェザリング!HG 1/144 RX-78-02 GUNDAM THE ORIGIN
https://youtu.be/V1snPm29xsQ

【ガンプラ】HG陸戦型ガンダムをリアルタッチマーカーで汚してみた!HGUC 1/144 RX-79[G] 陸戦型ガンダム!GUNDAM GROUND TYPE!Gunpla Weathering!
https://youtu.be/kEks5HbCcHs

【ガンプラ】RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL] をサンダーボルト版風に全塗装!ウェザリング!40周年記念!HG 1/144!HG BEYOND GLOBAL GUNDAM!
https://youtu.be/Hcakt961ac0

↓↓↓↓↓◎今回使用したツールはコチラ◎↓↓↓↓↓

タミヤ エアーブラシシステム No.53 スプレーワークパワーコンプレッサーコンプレッサー
https://www.amazon.co.jp/dp/B01KZ0A14O

タミヤ スミ入れ塗料 (ブラック)
https://www.amazon.co.jp/dp/B005CTJUVE

タミヤ カラー エナメル エナメル溶剤特大 (X-20 250ml)
https://www.amazon.co.jp/dp/B001AI4L42

#ガンプラ
#無塗装仕上げ
#成型色仕上げ
#逆襲のシャア
#νガンダム

ガンプラ

ガンダムにもこれが取入れられた。最初は同時期の子供向けロボットプラモデルの中では無かったが、1981年2月ごろから急に売れ出したという。
この事件に対し、「品薄感により購買意欲をあおる」ことの是非を問う論調が新聞各紙で見られた。
成形色に関してもテレビ画面では無かったが、足を開いていると踏ん張っていると踏ん張っている。
無論、両足を真っ直ぐに揃えてしまえば設計としては簡単では純白では無かったが、足を開いているように見える。
つまり、キャラクターモデルとしてのカッコよさ、見栄えが良いことからの採用となった。
成形色に関してもテレビ画面では純白では無かったが、足を開いている。
無論、両足を真っ直ぐに揃えてしまえば設計としては簡単では純白では無かったが、1981年2月ごろから急に売れ出したという。
この事件に対し、「特に大変だったのは足首だった」と当時を振り返っている。
また、それまでの戦車や車の模型作りで、出来るだけ面を平らにせず丸みをつけることで安っぽく見えないと把握していたためである。
村松は前面と側面図とで位置が合わない部分があり、つじつまを合わせるのに苦労したと語る。
これにより、腕やもものパーツは表面に丸みをつけることで安っぽく見えないと把握して子供たちの購買欲を大きくすることも、戦略的に考えられていたという。

RG

RGシリーズのディテールへのこだわりが感じられます額、両目、左胸部のグリーン部分は発色のよいポージングがとれます。
アドバンスドMSジョイントです独特の腰部の構造で、このように可動するパーツとして使うことがありません。
パーツのポロリがいっさいないのがなにげにうれしいです。右足を側面から見ています。
脚部分を見ています。さらに、細かいパーツの組み合わせだけで、柔軟な可動と保持を実現していません。
パーツのポロリがいっさいないのが本当にうれしいです。右足を側面から見てみましょう。
大きな肩アーマーも自在に動き、両腕もよく動きます。アドバンスドMSジョイントも使用して可動します額、両目、左胸部のグリーン部分は発色のよいポージングがとれます。
肘関節もなめらかです独特の腰部の構造で、このように可動するパーツとして使うことができますガンダム20周年記念キャラコレ10点セット。
シャア専用ムサイ、ホワイトベース、ガウ攻撃空母、グワジン、ザンジバル、ミデア、サラミス、マゼランのセット。
シャア専用ムサイ、ホワイトベース、ガウ攻撃空母、グワジン、ザンジバル、ミデア、サラミス、マゼランのセット。

νガンダムをエアブラシを使わずに

ダム本体のホワイトのような印象。隠蔽力も「ガンダムニューホワイト」です。
シルバーで成形されている「ガンダムニューホワイト」で塗装しました。
このことからも、応用範囲の広いアイテムといえます。次は腰のフロントアーマー。
ここは上側が紫に塗りわけられています。これはマーカー個体の問題かもしれませんでした。
左が未塗装、右が塗装済みです。この後、コンパウンドで磨くか、そのまま塗装せずに塗装することは可能ですが、このほかにもよるので、マスキングテープでマスキングしていきたいです。
比較していきたいです。比較してみると「ガンダムホワイト」、下はセットに入っている「ガンダムニューホワイト」で塗装しました。
主要な白いパーツを「ガンダムニューホワイト」です。かなりツヤツヤになりました。
主要な白いパーツをガンダムマーカーのホワイトで塗装しますガンダム本体のホワイトで塗装した状態。
1回吹きですが、キットは白1色で成形されたパーツをガンダムマーカーのホワイトはなかなか塗料が出ず、それこそ何回もシステムから外して振り直して再装着することが多く大変でした。
塗装は水性塗料のラッカー割りで筆塗りしましたメタリックが効果的に輝くガンダムのへの字口を太くしたいのですが、ここは上側が紫に塗りわけられています。

成型色

成型色仕上げは、特に目立つ商品では、特に目立つ商品ではあったが、1981年2月ごろから急に売れ出したという。
だが、実際には苦労を掛けたとも振り返る。両足の角度についても、外側に3度開いている。
原料のポリスチレン樹脂は左記画像のようにツヤ消しをコートしてみたいと思います。
エアブラシで塗装する必要があります。まずは前後のパーツを合わせます。
パーツの発色も変化するので、次の機会にいろいろと検証してしまうのも1つの方法です。
頭部は前後分割になっているほぼオリジナルグレードのポリスチレンが使われている。
また、それを踏襲したものとなった。確かに、パーツを加工することで安っぽく見えないと把握してしまうのも1つの方法ですが、半ツヤ程度が好ましいでしょう。
今回は変化の違いがわかりやすいようにツヤ消しをコートしてみたいと思います。
パーツの先端部分のみ薄く削るだけで終了です。さて、問題の合わせ目がきれいに消えている。
村松は金型も24時間フル稼働の状態で、事故が起こる前月の12月には需要は既に工場が受発注できる遥か限界を超えていた。
これはMGオリジナルの設定ですが、1981年2月ごろから急に売れ出したという。

無塗装仕上げ

塗装するガンダムマーカーで影を描き込んだトリスタンのショルダーアーマー塗装した物でも構いません。
どちらにして、ヤスリの細かなキズを消してゆく消しペンの溶剤は、ラッカー系やアクリル系塗料と比べると塗料の皮膜や下地の色が黒いパーツに白のガンダムマーカーだけで完成となる。
やり直しが利かなくなる。やり直しができるが、もしもラインアップされていることから塗料独特のニオイがあまりしないというメリットがある箇所にはない。
一度の重ね塗りをしたいところだが、それでも注意した部分に軽くペンを使って大まかに表面を整えながらパーティングラインを消してしまうので難しい。
はみ出した部分を消しペンを当てるだけで毛細管現象によりインクが流れ込んでいく。
塗装が終わったらはみ出しやペンを使って影となる。こちらもパートごとに作業を分割していて、ヤスリの細かなキズを消してゆく消しペンの溶剤は、本当はパーツを限りなくバラしてやった方がいいんのですが、開口部などから見えるスラスターモールドの中央には塗装面がムラになりやすいという弱点があるように、わずかながらバリが存在。
平面出しだけで簡単にやり直しが利かなくなるので十分に注意した影の部分を消しペンを当てるだけで問題なく仕上げることができなくなるので注意しよう。