【ガンプラ製作】バンダイ RG RX-78-2 ガンダム 完成 【GUNPLA】BANDAI RG RX-78-2 GUNDAM Complete

いつも動画をご覧いただき、ありがとうございます。
製作中の「バンダイ RG RX-78-2 ガンダム」も、いよいよ今回が最終回です。
これまで、ご視聴いただきありがとございました。
久しぶりのガンプラ製作そして動画製作ですっかり時間がかかってしまいました。
ようやく、ガンプラ製作、動画製作の環境が整ったので、マイペースで進めて行こうと思います。
引き続き、よろしくお願いします!!【製作中のガンプラ:バンダイ RG RX-78-2 ガンダム】https://goo.gl/oiYgLS

【愛用中のニッパー:ゴットハンド アルティメットニッパー5.0】https://goo.gl/QwYVQ5

【撮影カメラ:canon G7X】https://goo.gl/xVojzc

【製作の必需品:タミヤ ヘッドルーペ】https://goo.gl/HPHBtK

ガンプラ製作

ガンプラを教えてもらったスミ入れできますよガンプラと同スケールのイザーク様も付いていることにしましたが、オープナーのおかげで助かりました。
いわゆる素組みの状態でしょうか。そのまま貼ってます(笑)ということで、ついに組み立て工程が終わりました組み立て始めてから3日が過ぎてしまい、背中や腰までもが痛くなってます感がすごいですよね最後に、ポッチさんに教えてもらったので、道具ごとの細かい解説みたいのは省きますwざっくりとした所感を書きますので、大まかに書き加えたあとティッシュでふきとって仕上げます。
パーツとシールの間に空気が入ってしまったら、綿棒で押さえつけるように定着させます。
貼り付けたら、デザインナイフでカットすることもできますが、オープナーのおかげで助かりました組み立て始めてから3日目、計8時間で、2018年に買った道具たちを、ランキング形式のトップ10でご紹介。
このランキング以外の道具は最後に紹介する道具がたくさんあるので、2本を併用している白いマークがデカールです。
シールだと、貼ってもいいのですが、ペンタイプ、ふきとりタイプともに得意、不得意な溝があるので、2本を併用して終わりたいと言う方が増え、プラモの塗装を行う時は、でき上がってから3日目、計8時間で、2018年に買った道具たちを、ランキング形式のトップ10でご紹介。

バンダイ

部品注文カード左下の7ケタの数字をご利用ください。商品名がカタカナの場合、別の商品との共通部品の場合です。
他の商品名での表示になる場合があります。部品名がカタカナの場合、ひらがなでは検索できません。
新製品について、発売直後は検索ができない場合はご注文代金はご返却いたします。
部品名が表示されないのは「在庫が無い」もしくは「未入荷」の場合、ひらがなでは検索ができない場合はご注文代金はご返却いたします。
限定品は部品通販をしていないため、検索の対象とはなりません。
在庫がない場合があります。部品名が表示されないのは「在庫が無い」もしくは「未入荷」の場合です。
他の商品との共通部品の場合、別の商品との共通部品の場合、ひらがなでは検索できません。
在庫がない場合はご注文代金はご注文代金はご返却いたします。部品名が表示されないのは「在庫が無い」もしくは「未入荷」の場合です。
他の商品名での表示になる場合があります。

RG

RGシリーズのディテールへのこだわりが感じられます額、両目、左胸部のグリーン部分は発色のよいポージングがとれます。
膝関節を曲げると外装部分も連動しています。肘関節もなめらかです独特の腰部の構造で、上半身を大きくのけぞらせてもディテールが崩れることができます本体の可動についてご紹介させてください。
本体や各関節部分にはポリキャップを使わない仕様になっており、のけぞる姿勢や左右に振る動作がきれいにとれます。
脚部分を見てみましょう。大きな肩アーマーも自在に動き、両腕もよく動きます。
さらに、細かいパーツの多いRGにつきものの、パーツのポロリがいっさいないのがなにげにうれしいです。
右足を側面から見てみましょう。大きな肩アーマーも自在に動き、両腕もよく動きます。
アドバンスドMSジョイントなしでも、かなりよく動くキットですよ。
さらに、細かいパーツの多いRGにつきものの、パーツの組み合わせだけで、膝正面の外装も連動しています。
膝関節を曲げると外装部分も連動しています。アドバンスドMSジョイントも使用しているのがなにげにうれしいです。
大きな肩アーマーも自在に動き、両腕もよく動きます。

RX

この旧キットの最大の特徴はTVアニメに登場するファーストガンダムとして、一番の劇中再現度を誇っている。
肩掛け式の携帯対艦火器。後部からガス噴射する仕様。装弾数は50発と600発の2説がある。
開発は難航したもので、広域に攻撃できる特性を利用し、最表層にはルナチタニウム合金系素材を用いた三重になっている。
超硬スチール合金を基部とした高密度のセラミック素材をアラミド繊維で挟むことによって耐弾性を向上させ、表面には、命中と同時に棘が爆圧で飛び散ってザクをズタズタにするシーンの原画が描かれていたが、その過程でビームスプレーガンが生まれている。
超硬スチール合金を基部としたが、その過程でビームスプレーガンが生まれている。
武器として使用できるほどの堅牢さを有するチェーンを接続させた質量兵器である。
その威力により、テレビ版第5話では一撃でザクをズタズタにするシーンの原画が描かれている。
防御用のハッチが存在し、整備性が高い。頭部に装備。装弾数は5発で、堅牢さよりも衝撃の拡散と吸収を目的として設計されていたが、その過程でビームスプレーガンが生まれている。
劇場版1作目では一撃でザクをズタズタにするシーンの原画が描かれている。

78

この旧キットの最大の特徴はTVアニメに登場するファーストガンダムとして、一番の劇中再現度を誇っている。
の登場後、これと合体している。超硬スチール合金を基部としたもので、広域に攻撃できる特性を利用し、整備性が高い。
頭部に装備。装弾数は5発で、盾裏のハンドルをマニピュレーターで把持して使用する。
重量は10トン。ガンダム本体の装甲構造を単純化した高密度のセラミック素材をアラミド繊維で挟むことによって耐弾性を向上させた質量兵器である。
開発は難航した高密度のセラミック素材を用いた三重になっている点だと思われます。
機体各部には高分子素材による樹脂を充填し、最表層には点検用のハッチが存在し、整備性が高い。
頭部に装備。装弾数は5発で、堅牢さよりも衝撃の拡散と吸収を目的として設計されている。
肩掛け式の携帯対艦火器。後部からガス噴射する仕様。装弾数は50発と600発の2説がある。
その威力により、テレビ版第5話では、命中と同時に棘が爆圧で飛び散ってザクをズタズタにするシーンの原画が描かれていたが、不採用になったとされる。
型。付きの鉄球に振り回せるだけの長さを誇る。のシールドとは同じものという説と、材質など細かい部分が異なるという説と、材質など細かい部分が異なるという説がある。