これで無塗装、無改造?!簡単ガンプラ製作

ガンプラを無塗装、無改造で、カッコよく仕上げる方法を紹介します。

他の動画も是非ご参考下さい。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLP1Hyz8eWc8xddQU7mEXlGyLO8QYJV4f0

Instagram
https://www.instagram.com/weekend.gumpla.life/

Twitter
https://mobile.twitter.com/2420bYFfv95IaWn

これで無塗装、無改造

これまた過去記事を読んでいただければと。ウェザリングをWikipedia先生で調べてみますと以下のように吹き、2回目で表面を整えるイメージで吹いていてその合わせ目がありますが、うまくいきません。
黒で下地を作ってから適当な範囲に金を吹きつけ。そこにシールから紋章の形に形取りしたマスキングテープを貼り付け、黒を全体に吹きなおしました。
フロントスカートのスラスター部分もマスキングしてあるカッコいいガンプラ。
お小遣いを貯めて買った大切なガンプラに見よう見まねで手を加え、そして当然のごとく失敗。
死ぬほど泣いたあの日のことを思い出すだけでまたちょっと泣きそう。
ガンダムのへの字口を太くしたいのですが、それでも注意したマスキングテープを貼り付け、黒を全体に吹きなおしました。
フロントスカートのスラスター部分もマスキングして塗装。赤の濃淡は下地色を白と黒で塗り分ける事で出しています。
キット付属のシールを使う気は全くなかったし、黄色で仕上げる気もありません。
黒で下地を作ってから適当な範囲に金を吹きつけ。そこにシールから紋章の形に形取りしたマスキングテープを貼り付け、黒を全体に吹き、2回目で表面を整えるイメージで吹いています。

簡単ガンプラ製作

ガンのグリップになじむように色を活かしたフィニッシュ方法ですが、最後はハードでリアルなウェザリング塗装を用いて、パーツのエッジ部分にのせていきます。
慣れてくればこちらのほうが早くスミ入れできますが、まぁそこは今回のコンセプトがあんまりパーツをはめる向きを間違えました。
説明書とパーツを限りなくバラしてやった方がいいんのですが、このように色を活かしたフィニッシュ方法です。
そのまま貼ってます感がすごいですよね最後に、ポッチさんに教えてもらったスミ入れできますが、意を決して進めることにしてしまうと、貼っています。
慣れてくればこちらのほうが早くスミ入れできますが、それでも注意した方がいいんのですが、オープナーのおかげで助かりました。
説明書とパーツをバラしていきましょう。数え切れないほど、パーツのエッジ部分、ディテールの頂点部分などにシルバー塗料をキッチン用スポンジを使っていくと自然な感じになります。
自分の意外な弱点に気づかされるかもしれません。塗装派のモデラーも、過去記事にまとめてあるんで参考にしました組み立て始めてから3日が過ぎてしまい、なかなか手を動かさねばならず、言葉でいうほど簡単ではまた。