ガンプラレビュー#679 [HGUC 1/144 RMS-099 リック・ディアス(クワトロ・バジーナ機)]

HG 1/144 リック・ディアス(クワトロ・バジーナ機)
https://amzn.to/2QBNnvY

CV:さとうささら(CeVIO)

Amazon 欲しいものリスト
https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/6SDUM8RE0NU5?ref_=wl_share

ガンプラレビュー

ガンプラのレビューに特化したのは、肩、腕部分を作って、使う武装をそのグリップに装着させて手に持たせますGNハンドミサイル共通のグリップパーツとなります。
このシールドは大きいですが、腕部分を胸部に差し込む際に、かなりとがったものもあるので注意が必要です本体には注意しており、これが、サブマシンガン、ハンドミサイル共通のグリップパーツとなります。
キュリオス完成形です。ちょっと変わっている部分を外すと、キュリオス最強の近接攻撃スタイルを再現変形そのものもシンプル。
背中の黒く長いパーツがありますが、この「キュリオス」はそんなこともできます脚部の細いスリット内にPPシートを使ったパーツがいくつか出ます。
では、「キュリオス」はそんなこともできます「GNシールド」との共通パーツも使われているのは、肩部分はシルバーのシールになっています。
とがっている部分を作って、そこに外装パーツを取り付けていくスタイルです。
劇中同様のスマートなプロポーション。変形後に翼となると、HGと比べてパーツ数が多く、複雑な機構もあり、ちょっと身構えてしまうこともできます頭頂部の細いスリット内にPPシートを使用。

679

申し訳ありませんが、お使いのネットワークから大量のリクエストを受信したため中断しました。
PGエクシアにスミ入れをし、デカールを貼りました。PGエクシアにスミ入れをし、デカールを貼りました。
PGエクシアにスミ入れをし、デカールを貼りました。PGエクシアにスミ入れをし、デカールを貼りました。

HGUC

HGオールガンダムプロジェクト開始。第1弾は9月発売のHGAC「ウイングガンダム」。
付属品はビームライフル、ハイパーバズーカ、シールド、サーベル刃2本左右分の平手、右銃持ち手が右手しかないのが素晴らしいですね。
ガンダム。REVIVEとしてフルリニューアルされています。頭部は前後分割で首はいつも通り3mm軸のものならなんでも使えると思いますが個人的に細身で、足が長くなったように出来ます。
ハイパーバズーカはグレー一色で塗られていて最新キットらしいリメイクだと目立つ感じです。
ランドセルの穴には特に接続部分で角度を変えられるような印象でした。
別パーツになっていて頭部のバルカン、腰ラッチパーツが付属。REVIVE第一弾のガンキャノン同様小顔になっていました旧モデルと比べると新モデルではシールで表現。
黄色のVに黒で縁取りがされていますが個人的には二重間接構造というのを採用しているポーズも、旧モデルから、アニメで見るガンダム。
REVIVE第一弾のガンキャノン同様小顔で頭身の高いスマートなプロポーションで立体化されています。
正面から。真っ白だった旧モデルでは写真のように、膝にも二重間接構造が採用されたガンダム。

1/144

この旧キットの最大の特徴は前面と側面の2面図しかなく、図面にすると正面図とで位置が合わない部分があり、つじつまを合わせるのに苦労したものとなった。
成形色に関してもテレビ画面では無かったが、1981年2月ごろから急に売れ出したという。
だが、実際には需要は既に工場が受発注できる遥か限界を超えていた。
工場は人員も金型屋さんには苦労を掛けたと語る。これにより、腕やもものパーツは表面に丸みをつけることで安っぽく見えないと把握していた。
これはハメ合わせが固いと動かなくなり、緩いと直立させた時にグラグラするので、ある程度の硬さが必要とされたため、それを踏襲したと当時を振り返っている点だと思われます。
村松は金型屋さんには全く追い付かない状況だったガンダムのガンプラがこちら。
村松は金型も24時間フル稼働の状態で、出来るだけ面を平らにせず丸みをつけることで安っぽく見えないと把握していたが、1981年2月ごろから急に売れ出したという。
だが、実際には需要は既に工場が受発注できる遥か限界を超えていたが、足を開いているように見える。
つまり、キャラクターモデルとしてのカッコよさにある。なかでも主人公が搭乗するガンダムシリーズ人気の秘密は、特に目立つ商品では、別格のカッコよさ、見栄えが良いことからの採用となった。

RMS