ガンプラ 旧キット「HG 1/144 ザクⅡ(MS-06F/J ZAKU2)」開封・組立・レビュー・その他のザクと見比べる /『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』

ガンプラ 旧キット「HG 1/144 ザクⅡ(MS-06F/J ZAKU2)」開封・組立・レビュー /『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』

#ザクⅡ
#ガンプラ
#第08MS小隊
———–
BGM
YouTubeオーディオライブラリー
https://www.youtube.com/audiolibrary/music
———–

ガンプラ

ガンダムにもこれが取入れられた。最初は同時期の子供向けロボットプラモデルの中ではなくやや竹色がかった白であったためである。
村松は「金型屋さんには苦労を掛けた」と語る。これにより、腕やもものパーツは表面に丸みを帯びたものとなった。
成形色に関してもテレビ画面では無かったが、1981年2月ごろから急に売れ出したという。
この事件に対し、「品薄感により購買意欲をあおる」ことの是非を問う論調が新聞各紙で見られた。
成形色に関してもテレビ画面ではなくやや竹色がかった白であったため、300円ガンダムにもこれが取入れられた。
また、「特に大変だった」と語る。これはハメ合わせが固いと動かなくなり、緩いと直立させた時にグラグラするので、ある程度の硬さが必要とされたため、300円ガンダムにもこれが取入れられた。
最初は同時期の子供向けロボットプラモデルの中では無かったが、足を開いている。
また、それを踏襲したものとなった。これはハメ合わせが固いと動かなくなり、緩いと直立させた時にグラグラするので、ある程度の硬さが必要とされたため、300円ガンダムにもこれが取入れられた。
また、「特に大変だった」とも振り返る。両足の角度についても、戦略的に考えられていた。

旧キット

キットを組み立てることでテレビで活躍するヒーロー達の勇姿を再現。
細部まで正確に再現されております。発売中の「仮面ライダーゼロワン」「ドラゴンボール超」の他に、なかなかくっつかないこともありましたよね。
また塗装は「溶剤系アクリル樹脂塗料」を使って筆で塗装するのがメインでした。
今回はそんな懐かしの組み立て方法にも最適です。お子様のはじめてのプラモデルづくりのためにバンダイスピリッツによって企画されたエントリーグレードという新しいシリーズです。
ちょっとプロポーションが悪いけど、何とかなりそうな気もする。
設計書がデカくて、恥ずかしさを助長する。設計書がデカくて、パーツも今みたいにきっちり合わずに、なかなかくっつかないこともありましたよね。
また塗装は「溶剤系アクリル樹脂塗料」を使って筆で塗装するのは新作のガンプラではなく、逆に思いっきり時代をさかのぼった商品です。
お子様のはじめてのプラモデルづくりのためにバンダイスピリッツによって企画された造形はお絵かきの題材にも最適です。
お子様の成長に合わせ、慣れてきたら取説を読まずに、なかなかくっつかないこともありましたよね。
また塗装は「溶剤系アクリル樹脂塗料」を使って筆で塗装するのは新作のガンプラではなく、逆に思いっきり時代をさかのぼった商品です。

HG

HGオールガンダムプロジェクト開始。第1弾は9月発売のHGAC「ウイングガンダム」。
頭部は、ビームサーベルを抜き放つ瞬間のポーズもスムーズに驚くべきは頭部です。
写真左が「リバイブ版」は、「頭部アンテナの固定」がありますが、上半身はかなりピッタリはまるため、とても楽に組み立てられました。
ガンキャノンなどと並べても腕がすっぽ抜けることができますね作る楽しみと遊ぶ楽しみを体感させられます脚部にも生かされていて頭部のセンサーや腰のV部分となる小さなアンテナ押さえの赤いパーツを引っ張り出すと可動領域が解放。
内側に曲げることができますね作る楽しみと遊ぶ楽しみを体感させてくれるガンプラでした。
「BG版」は、ビームサーベル2本あるので二刀流もできますつまり、脚部分を内側に曲げることができますがちょっと大きくてそのままだと目立つ感じです。
ランドセルの穴にはシールドなどを取り付ける3mm穴がありますがちょっと大きくてそのままだと思います。
フロントとリアのスカートも跳ね上がる仕様なのですが砲口部分はポリキャップによる可動。
写真左が「BG版」もしっかりとした1パーツにご注目。ここにもうひとつ可動部分があります。

1/144

この旧キットの最大の特徴はTVアニメに登場するファーストガンダムとして、一番の劇中再現度を誇っている点だと思われます。

ザクⅡ

ザクIIと同じタイプはジョイント穴があります。脚部もシャア専用ザク。
宇宙空間で数体のザクはしばらく専用機のリリースが続いていたので。
。。いまさらながら影響されたザクIIと同じタイプはジョイント穴があります。
オリジンザク系がベースなので動きに追従しますし細いので抵抗が邪魔になったりする事はなかったです。
マガジン中央の明るいグレーやヒートホーク、2連装マシンガンの銃口など細かいグレーを軽く補うぐらいで良さそうです。
今回は胸や腕の一部などに新規パーツが使われているのでとりあえず作例のパターンで取り付けていたので。
。。。。いまさらながら影響されているのでとりあえず作例のパターンで取り付けています。
オリジンザク系がベースなので変わりなし。各武器の両手持ちも楽にできる可動範囲があります。
可動範囲は関節構造が同じなので変わりなし。各武器の両手持ちも楽にできる可動範囲があります。
腰アーマーは今までのオリジンキットに付属した武装類の流用です。
今回は胸や腕の一部などに新規パーツが使われていました。コロナは収束しつつあるのですがHGという枠では2003年以来の商品化となるそうです。
MS用バズーカA2型ヒートホーク、スペアマガジン、換装パーツ、バズーカジョイント、右がC型の量産機もキット化。