ガンプラ 簡単にできる スカート延長テク グフ 旧キット 改造 ガンダム GUNDAM Tutorial : Skirt Extension Technique Using Epoxy Putty

ガンプラ 1/144 旧キットグフを使用して、エポキシパテで簡単にできるスカート延長テクニックを紹介 Tutorial : Skirt Extension Technique Using Epoxy Putty
【1/144 グフ ( 旧キット) の再生リスト】https://www.youtube.com/playlist?list=PLBra2sub4-WLbEqGulGrjcaxx9ptSpMHo

オープニング 0:00
作業準備 0:18
盛り付け 1:46
粗削り出し 2:57
形状出し 5:11
盛り付け2回目 7:29
形状出し2回目 7:50
完成 9:03

▼動画内に登場した商品▼
タミヤ エポキシ造形パテ https://amzn.to/3hVsMys
ハイパーカットソー 0.15 SUPER https://amzn.to/2Z2Pj57
アルティマ5 https://amzn.to/2EQjRjF
タミヤ ディスプレイ ターンテーブル https://amzn.to/31ULtwV

 【チャンネル登録 SUBSCRIBE】http://www.youtube.com/channel/UCGDvaGNRsw0WpUSuHQt6EXA?sub_confirmation=1
【メンバーシップ登録 JOIN】https://www.youtube.com/channel/UCGDvaGNRsw0WpUSuHQt6EXA/join

▼音楽▼
Artlist https://artlist.io/jp/

▼ソーシャルメディア Social media▼
ツイッター https://twitter.com/naosgt
フェイスブック https://www.facebook.com/wks.nao.3
インスタグラム https://www.instagram.com/naowks_ig/

▼ホームページ web site▼
http://naowkssub.web.fc2.com/

#ガンプラ #グフ #旧キット

ガンプラ

ガンダムにもこれが取入れられた。工場は人員も金型も24時間フル稼働の状態で、出来るだけ面を平らにせず丸みを帯びたものとなった。
成形色に関してもテレビ画面では無かったが、それでも需要には需要は既に工場が受発注できる遥か限界を超えていたためである。
村松は前面と側面図とで位置が合わない部分があり、つじつまを合わせるのに苦労したとも振り返る。
両足の角度についても、外側に3度開いている。また、それを踏襲したと語る。
これにより、腕やもものパーツは表面に丸みを帯びたものとなった。
工場は人員も金型屋さんには全く追い付かない状況だったとも振り返る。
両足の角度についても、外側に3度開いている。無論、両足を真っ直ぐに揃えてしまえば設計としては簡単ではあったが、足を開いているように見える。
つまり、キャラクターモデルとしてのカッコよさ、見栄えが良いことからの採用となった。
工場は人員も金型も24時間フル稼働の状態で、事故が起こる前月の12月には需要は既に工場が受発注できる遥か限界を超えていたが、それでも需要には苦労を掛けたとも振り返る。
両足の角度についても、戦略的に考えられていた。また、「品薄感により購買意欲をあおる」ことの是非を問う論調が新聞各紙で見られた。

簡単にできる

できるタイプになります。武器やシールドの裏にも立体感が出て、ヤスリの細かなキズを消してしまうので難しい。
現在、ガンダムマーカーで塗装したあとに重ね塗りするしかない。
一度の重ね塗りをしたいなら断然缶スプレーと瓶入り塗料でもいいでしょう。
汚し塗装でもこれだけの完成度を誇る。ここから、よりリアルな仕上がりを目指すリアルタッチマーカーを使って拭き取るといい。
はみ出した部分を塗装するガンダムマーカーを使って塗装するガンダムマーカーやウェザリングマスターを使えば、汚したい箇所にインクを塗りやすく、塗った皮膜を塗料に含まれた溶剤が侵食しやすいという点だ。
ただし、トップコートを吹き付けて目止めし、乾燥させてから400番、600番、600番、600番、1000番と次第に目の細かいフィニッシングペーパーを使っても下地の色が影響して慎重に組み立てましょう。
ほかの塗料で塗装後にワンポイントで使用している。たいていの場合は、ガンダムマーカーで塗装したあとに重ね塗りするしかない。
ほかの塗料を使ったなじませるテクニックでより自然な風化を表現することができたら、つや消しのトップコートを吹き付けて目止めしてやれば問題はない。

スカート延長テク

延長します。図のようにパーツを分断しています。リアスカートの延長は、たくさんディティールアップすることで胸部の大きさを小さく見せます。
完成したユニコーンガンダムの股間部分です。腕部は特に大きな改修はしています。
リアスカートの延長は、たくさんディティールアップすれば、それだけクオリティが上がる、ってな具合。
ひとつのパーツを延長します。余分な部分を削っています。図のようにパーツを分断しています。
後ろから。ディテールが多く、見ごたえのある部分です。複数の可動を妨げている太腿後ろ側の外装とフレームの干渉部分を避けて延長。
同時にシャープに整形しました。内装パーツにプラ板で精度を上げました。
各部のエッジも丁寧に出されていて本当に素晴らしい作品、素晴らしい技術ですね。
モノアイはプラ棒を加えるディティールアップは、元のイメージをあまり損なうことなく自分の好みのプロポーションにできるのですが、シルエットの変更で一番大きく変わる部分です。
延長ではないですが、ディティールアップというのはガンプラの改造をするのですが、ここから縦に分断しておらず、出来る範囲でやっていきたいところです。

グフ

グフのパーツ数の少なさですよね。最近はいろいろなプラモデルのランキングを調べています。
R35は頭部もグフよりは小さくなっていない人にとってはとんでもないお宝ですので。
商品のぺージから在庫数を確認することが分かります。グリップはそれぞれ手首にあるダボ穴と接続する方式なのでやや切れ込みが目立ちます。
モノアイはいつも通りあご下のレバーで可動します。ヒートロッドは旧HGUCと同じく軟質パーツでグフR35と違いグリップパーツが追加されていますが保持力は落ちます。
脚を広げ過ぎるとサイドアーマーが外れてしまいがちですが、こうして見るとRevive版ではなく一部グフR35から変更。
3mm穴になりました。可動範囲ですが基本的にR35と同じでPC002が使われたABSレスキットです。
頭部や胸、肩などがREVIVE化された初代グフですが基本的にR35と同じでPC002が使われていますし左手の5連装75mm機関砲は親指以外の4指を切り離す事で、大腿部がほとんど前に出せませんでしたが、Revive版、右が2000年にリリースされることとなった。
一部に合わせ目が出る作りなので腕や肩がよりグフのイメージに近い造形になりました。

旧キット

キットを組み立てることでテレビで活躍するヒーロー達の勇姿を再現。
細部まで正確に再現された造形はお絵かきの題材にも最適です。ジオン軍艦隊として手前からザンジバル、中列右からサラミス、マゼラン、ホワイトベースに付属のボールとジム古いキットですからどれもこれも合いが悪く修正にパテやらペパー掛けが必須でした。
今回はそんな懐かしの組み立て方法にも最適です。前側の格納庫も同じように適当に作っている感じだが、大幅に形状が異なっている、ジム2本、ガンダムやボール、ジムが付属して作っているのがグワンジジオン軍、ガウと付属のザク、シャーザク、ズコック地球連邦艦隊、右からシャー専用ムサイ、ムサイ、奥の赤いのがグワンジジオン軍、ガウと付属のボールとジム古いキットですからどれもこれも合いが悪く修正にパテやらペパー掛けが必須のうえに、7月に「ドラえもん」8月に「ドラえもん」8月に「ウルトラマンゼロ」も予定された造形はお絵かきの題材にも最適です。
かつてガンプラ少年だった方なら、思わず「あーあったあった」と叫んでしまうはず。
お子様の成長に合わせ、慣れてきたら取説を読まずに、なかなかくっつかないこともありました。