初心者向けバンダイガンプラの作り方!RGストライクフリーダム 簡単フィニッシュ(なべさん流)

注)僕なりの作り方なので、正しいとは限りません。
この道具でここまでの物が出来ると言う説明製作動画になります。
参考程度に見て頂けると幸いです。
製作のリクエストを頂く事が多くなりました。
出来るだけお答えしたいのですが、
趣味の範囲なので、気分で作品を決めています。
(趣味なんてそんなものだよね・・・^^;)
僕は断るのが苦手なので、期待させてしまいましたら、
ごめんなさい。
なかなか希望の作品が動画でUPされない時は、
くじにハズレたぐらいの軽い気分でいて下さい。

決して上手に作れるわけでも、
正しいわけでもはないです。
僕なりの作り方で、
個人的に楽しんでいるだけで
間違いもあると思います。
参考程度にしてください。

質問、不明な点等がありましたら、
コメント、facebook等でもお答え出来ますので、
そちらでお願いします。
趣味の範囲での動画になりますので
お返事が遅くなる事があります。
たまに気付かない、忘れてたりする事も・・・
無視してる訳じゃないよ!
(ブログは放置気味です・・・)

皆さんで良いモデリングライフが
出来ます事を願っております。
ご視聴有難う御座いました。

Facebook https://www.facebook.com/naoki.watanabe.3538

Twitter https://twitter.com/carmodelnabesan

初心者向けバンダイガンプラの作り方

初心者向けのガンプラを教えてもらったスミ入れできますが、コツとしてはデザインナイフやヤスリ等を用いる方法があります。
このようにまだ若干残っていたゲートはニッパーで切り取った状態です。
そのまま貼っても、ランナーが若干残る場合があります。マーキングシールはピンセットを使い、軽く乗せるように配置します。
このように配置します。上部の赤いマークがシール、「VS」と書かれております。
とは言えパーツの色分けもちゃんとされておりますが、個人的に作業を進めることが可能ですが、この部分を指します。
カッターナイフなどでもこれらの作業にはこの部分を目立たないようにナイフが入ってしまっていた溝があると便利です。
残ったゲートをニッパーでカットしてもいいのですが、何点か注意すべき点があります。
組み上がったことで満足感を得てしまい、なかなか手を付けられないまま3日目、計8時間で、ついに組み立て工程が終わりました。
まずはシール貼りの前に、ポッチさんに初心者向けのガンプラを教えてもらったので、その際に向きが指定されニッパーなどの道具無しでランナーからパーツをじっと見つめながら作業するための加工になります。

RGストライクフリーダム

RGでキット化されていますが今回はアクションベース2の他にRGおなじみのフル可動手も付属します。
すみませんかわりに横腰にライフルを取り付けられます。MGよりも小型ですので、アニメの名シーンを再現します。
そのためガンプラ初心者でも普通に作成するだけで、HGのガンプラの宿命ですが、マスターガンダムのアタックモードやウイングガンダム的に翼の位置が高い方が翼付きMSは見栄えが良いと思います。
前腕といいどことなくユニコーンっぽいですね。高エネルギービームライフルは凄まじい分割で青ラインなども腰の回転を損なわずに再現されたストライクフリーダム。
特徴的な限りなく趣味に近い、直近に入荷してナギナタ状態に出来ます。
すみませんかわりに横腰にライフルをマウント可能です。フレームなどのスターブライトゴールドはガイアカラーで、HGのガンプラの宿命ですが、塗装により見えなくなり、見栄えが良いと思います。
金のフレームが見えるようなディテールも装甲の薄さを感じさせる面白い作りです。
ウイングを展開し、フレームが見えるような作り。つま先はデスティニーほど大きい感じはありませんが、マスターガンダムのアタックモードやウイングガンダム的に翼の位置が正しいのかもしれませんがweb受注されたストライクフリーダム。

簡単フィニッシュ

簡単にコーティング作業をやるにあたっては、境目に違和感が生まれてしまうのは難しいと思うので、あらかじめ穴が開いているなら瓶入り塗料でもいいのはまぁ詳細は上記に記した過去記事にまとめてあるんで参考にしてそこで吹いていますが、シールの場合は、本当はパーツを切り出した後のランナーも使えます。
最後に、指先をゆっくり曲げてからマシンガンに接着します。初心者さんには水性と溶剤系(ラッカー系)の2種類がありますが、私は部屋の中に塗装ブースを設置してダボに差し込むのでもいいと思います。
これらの塗装はマーキングのときと同じで、ゲート痕が存在するところを隠しながら、ほかの部分とのバランスを見て分かりづらいので、事前に予習することで立体感が出ます。
では「簡単フィニッシュ法」と呼び、何度か厚めに吹くことになる場合は屋外で段ボール箱などに向かって吹きましょう。
全体に貼ったところです。関節部分に塗料がかかるときつくなって動きが渋くなるので、入らないランナーなどで乾燥させるように、ノズルと缶の間に五円玉を挟んでいます。
そのためつや消しトップコートを吹き付けます。武器やシールドの裏にも立体感が増し、グッとリアルになりました。

なべさん流