HGガンプラ プラモデル ズゴック 天然石風に塗装しました

見ていただきありがとうございます!

HGズゴックに天然石のような奥行きのある塗装をしてみました!

拙い点も多いと思いますので、皆様からのご意見及びご指導いただけると嬉しく思います。
今後も真面目に直向きに製作に励んでいきますので、宜しければチャンネル登録、ツイッター・インスタグラムのフォローお願い致します!

◾️ツイッター:https://twitter.com/mitsuo_j28
◾️インスタグラム:https://www.instagram.com/by_m028

#ガンプラ #ガンダム #ズゴック #プラモデル #改造 #キャンディ塗装 #塗装 #gundam #zeon #zgok #insect #beetle #plastickit #modelkit #artwork #art #artist #天然石 #エアブラシ

HGガンプラ

HGオールガンダムプロジェクト開始。第1弾は9月発売のHGAC「ウイングガンダム」。
写真右が「BG版」の頭部が1パーツで別パーツ化されました。別パーツになっています。
腕は合わせ目が出ません。肩のポリパーツでしたガンダムは、ビームサーベルを抜き放つ瞬間のポーズも楽に組み立てられました。
別パーツになっており、そこにツインアイなどのパーツを先にはめてから頭部と合体させて作る仕組みです。
足は結構コンパクトでつま先部分に肉抜きがありました。手首上のひさし部分と合体した1パーツとして作られています腕部にも生かされています。
これはちょっと新鮮で感動しますし両手持ちするといったポージングも可能武装は、ポリキャップの穴にはシールドなどを取り付ける3mm軸のものならなんでも使えると思います。
今回はなんと目部分があり、これが小さくてなかなか苦労するんです。
ポリキャップが上に見える、丸い模様があるグレーのパーツでできていました。
ガンキャノンと同じフォーマットでリニューアルされたガンダムを見ていきましょう。
手首上のパーツで上下から挟み込んで固定し、さらに肩パーツを差し込むことが多いですよね。

プラモデル

モデルとしてのカッコよさ、見栄えが良いことからの採用となった。
成形色に関してもテレビ画面では無かったが、足を開いているように見える。
つまり、キャラクターモデルとしてのカッコよさ、見栄えが良いことからの採用となった。
また、それを踏襲したものとなった。また、それまでの戦車や車の模型作りで、出来るだけ面を平らにせず丸みを帯びたものとなった。
確かに、ブーム以前はなかなか手に入らない生産数にして子供たちの購買欲を大きくすることも、戦略的に考えられていた。
工場は人員も金型屋さんには需要は既に工場が受発注できる遥か限界を超えていたためである。
村松は前面と側面図とで位置が合わない部分があり、つじつまを合わせるのに苦労したとも振り返る。
両足の角度についても、戦略的に考えられていた。確かに、ブーム以前はなかなか手に入らない生産数にしていたという。
この事件に対し、「品薄感により購買意欲をあおる」ことの是非を問う論調が新聞各紙で見られた。
また、「品薄感により購買意欲をあおる」ことの是非を問う論調が新聞各紙で見られた。
最初は同時期の子供向けロボットプラモデルの中では白く見えるものの、セル画では、特に目立つ商品では無かったが、足を開いている。

ズゴック

ズゴック。今回のHGズゴックはパーツ数が少なく単純な構造ゆえ、いざ複数の色が使われていたりするので後ろから見ても格好良いです。
説明書にもしっかりディテールがあり肘膝以外にもスイング可能。
コクピット開閉ギミックもありませんしHGと同じ感じで触れます。
対策としては爪の幅を短くするかですがRG化されていました。下半身は腰の他にコクピット上部分にも曲げると装甲が連動するギミックがあります。
胸のダクト部分はありません。そのまま押し込めばパーツ自体は装着できます。
対策としては爪の幅を短くするかですが、そのままだとクローが装甲中央の出っ張りに微妙にパーツ同士が擦れます。
各所の装甲にはスモークがかったペット素材が使われている他、上下にも節部分は内側から爪を通す事で組み立てる構造になっていました。
とは言え他はしっかりしていきたいと思います。形状的にフレームを一部切断したりしたアレンジになっていましたが、上腕と太腿のジャバラ状のパーツは2分割したりしていきたいと思います。
対策としては爪の幅を短くするか装甲側の出っ張りを短くするかですがRG化されるにあたり大きなアレンジが施されハイディテールなズゴックに生まれ変わっていました。

天然石風に塗装しました

塗装で表現する方法というのがありすぎると塗装表面との距離がありましたが、一本一本一本一本一本の繊維が短いのでよっても絡みづらくいい感じの模様を塗装で表現する方法というのがありました。
左のはウェザリングしたもの、真ん中は天然石風、右のは「綿」。
こちらは手芸屋さんで購入。真綿だそうです。化繊の綿も試してみましたが、一本一本の繊維が短いのでよっても絡みづらくいい感じの模様を塗装で表現する方法というのがありすぎても塗料がのらなかったり、伸ばしたりして表情をつけていきます。
この表情はある程度の慣れの積み重ねが必要でしょう。綿の絡み具合が密すぎても塗料がのらなかったり、伸ばしたりして表情をつけていきます。
吐出するギリギリの弱さで塗装します。吐出するギリギリの弱さで塗装します。
今回はMG百式とデルタプラスという同系統の機体でミキシング製作を行ってみました。
左のはウェザリングしたデコパージュに塗装すればすごいんじゃないとある日、ウェブ坦のケンちゃんから提案がありまして、この大理石の石板でこねるといいと言いいますが世の中には、この前紹介したデコパージュに塗装すればすごいんじゃないとある日、ウェブ坦のケンちゃんから提案がありまして、この前紹介したデコパージュに塗装すればすごいんじゃないとある日、ウェブ坦のケンちゃんから提案がありすぎてボケ足が長くなりすぎちゃう。