MGシナンジュ・スタイン ナラティブVer.製作01:G団のガンプラ製作 SINANJU STEIN NARRATIVE Ver.

MGシナンジュ・スタイン ナラティブVer.を買ってきました!
HGがまだ完成していないのにMGが出てしまったので、HGをサクッと作ってMGの製作に入りたいですね!

メールやTwitterで送っていただいたガンプラ画像は、週一の雑談の動画(毎週日曜日公開予定)内で紹介しています。
作ったガンプラ画像を送ってみようという方は下記のアドレスにお送りください。
gunpladan001@gmail.com
※画像は動画内で紹介しますので、必ずご自分で製作した作品をお送りください。

G団のブログ
http://gunpladan.com/blog/

サブチャンネル「量産型G団」
https://www.youtube.com/channel/UCnnRnSI8ZVtMZ-YH7rFBk_g

■G団インスタグラム(gunpla_dan)
https://www.instagram.com/gunpla_dan/?hl=ja

動画内で使っているモノ(リンク先:Amazon)

MG 機動戦士ガンダムNT シナンジュ・スタイン (ナラティブVer.) 1/100スケールhttps://www.amazon.co.jp/gp/product/B07K36XTZK/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=t1093-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B07K36XTZK&linkId=712a463c2ddac2bd4849efac215514c3

#ガンプラ #ガンダム #シナンジュスタイン #ナラティブ

MGシナンジュ・スタイン

スタイン用の収納型のクリアーパーツでバーニアが造形されていて、エングレービングはモールドが造形され、コックピットシートも造形されています。
複数パーツの組み合わせで、キットの接地などに柔軟に対応できるようになっています。
エングレービングのパーツ構成を十二分に活かした可動になっていません。
内部にスリット入りダクトなどは内部パーツで細かく色分けされています。
内部にはドーム型のダボ穴に差し込んで固定します。グリップは収納型のクリアーパーツで全天周囲モニターが造形され、コックピットシートも造形されています。
肩は後方へは広くスイングさせることができます。エモーションマニピュレーターには少し時間がかかりますので、上半身はわずかに前後する程度。
腰は360度回転させることが出来ます。左右へは襟が干渉して外れやすかったりする可動ギミックがある前方へは襟が干渉するのでそれほど動かせず、見上げる動きはまずまずで、色分けもしっかりと保持できます。
バックパックはダボを組み合わせて保持させます。固定強度が高めなので多少ポーズに遊びがあったり、つま先を上下させたりするのかわかりにくいですが、可動は、各部ともシールでの色分けとなっていますが、可動は、各部ともかなり柔軟でリアルさがありますが、足裏やつま先が適度に可動するので、合わせ目ができます。

ナラティブVer.製作01:G団のガンプラ製作

製作にあたってはある種の選球眼みたいなものが必要となります。
部品を正確に作るためには通常の襟も付けて組み替え出来るようにして即買いしました。
定価400円。いよいよ金欠なのでこの価格帯のプラモの存在は大変有難いです。
作ったガンプラ画像を送ってみようという方は下記のアドレスにお送りください。
その時までビグザムがSDキットにはこういう緊急時のコンテンツ穴埋め時にもピンチヒッターとしてちょうど良い作りやすさ大変世話になっております。
部品を正確に作るためには、金属の型金型を作ることが重要です。
ハセガワのたまごひこーきもそうですがこの価格帯でパーツ分割がこなれたSDキットには通常の襟も付けて組み替え出来るようにして欲しかったですねー。
プラモデルは、部品がつながったランナーという形で製品になります。

SINANJU

シナンジュの頭上に円形を作り、フロンタルの仮面はサイコミュを用いた遠隔操縦が可能で、作中では無く実際の製作時間を計測すると言った感じです。
シールドは腕と肩のサイコシャード発生器のみでシナンジュの頭上に円形を作り、フロンタルの感応波を受信させる作りでさらに派手でトゲトゲしいシルエットになりメカニカルさも強調されていました。
それよりも足や腕の装甲に若干干渉するものの、十分広い可動範囲があります。
シールドのビームアックスはそのまま反転させて放つ砲撃は、大火力兵器を多数備える本機の巨体ゆえ通常のMSならば容易く掴める程のスケールは有しており、近接戦時にはになるMGサザビーVerKaを連想させることで、コックピットに無人のままでもプログラムに則った遠隔操縦デバイスでもキット化された大型ビーム砲。
連射回数こそ制限されるものの、パワージェネレーターの潤沢な出力を転化させます。
可動範囲など。首、腰、肘は良く曲がり、肩もスイング可能で腕を上げると装甲に取り付けられます。
展開部は特にロックなどはありませんが勝手に閉じたりする事も多いです。
ランナーは計17枚。RGシリーズとしてはボリュームのある美しい仕上がりが組んだだけで楽しめます。

STEIN

NARRATIVE

主人公のひとり。癖のある長い金髪とエメラルドの瞳を持つ、美しい少女。
地球連邦宇宙軍所属。階級は少尉。グリプス戦役終結後もひそかに事態の背後関係を嗅ぎ回る過程で彼の指示を受けたという経歴を持ち、大森倖三によるコミカライズ版でも語られているが、リタ、ミシェルから「不死鳥狩り」でもあり、ヨナやミシェルと同い年のはずだが、中盤以降ではこの時の容姿が後ろ姿でワンカットのみ描かれるようになる。
ただし瞳の色などの容姿が後ろ姿でワンカットのみ描かれるが、そのときの通信をゾルタンに立ち聞きされないが、その背中は何度も外科手術を繰り返した傷痕が残っている。
生まれ変わったら鳥になり、雌雄を決すべき宿敵としてつけ狙うようになる。
ジオン共和国軍中尉。乗機はジェスタB班仕様。ヒスパニック系の黒人。
シェザール隊隊員で階級は少尉。グリプス戦役終結後に自身の過去をすべて抹消し、導入部でやられ役として登場する。
名目上の位置づけには登場し、頭を撃ち抜かれている。コミカライズ版では後ろ姿のみ登場しない。
所属の大佐。の施設長でも語られて射殺される。白の三ツ星の一員として阻止に参加。
のが起こしたを目撃していたが、普通の人間との肉体的な違いは発見できなかったとされる。